選手・愛好家・指導者に最適!

超一流指導者が教えるスポーツ上達DVD

注目教材

合気道

合気道の本格教材はこれまでありませんでしたが、ついに発売されました。まるで合気道教室に通っているかのような臨場感。しかも講師は合気道開祖の植芝盛平のひ孫にあたる植芝充央先生です。合気道直系の技を習得してください。

野球

野球の教材というとバッティングやピッチング、そして守備力向上が多いのですが、完全に指導者に特化した教材があります。それが『野球ノック上達革命』です。ノックはノックに特化した技術があります。ノックの技術と選手のコンディションを上げるための特別な教材です。

水泳

水泳マスターズを目指す選手や純粋に速く泳ぎたい人のための水泳教材があります。4泳法の泳ぎ方と効率的な練習方法をまんべんなく学ぶことができ、自己ベスト更新を実現します。

水泳スピードアッププログラム

『水泳スピードアッププログラム』の詳細

スポーツマスター

各スポーツ界の名人名手、カリスマコーチがあなたに最新最高のノウハウを伝授します。一流選手を目指す方、一流選手を育てたい指導者や親御さん、また、これからチャレンジしたい初心者の方まで、あなたに合わせたノウハウプログラムが見つかります。

 

 

各スポーツ毎に様々な教材がありますが、それぞれ異なった特徴を持っています。年齢・性別・指導・初級・上級、様々な立場に沿った様々なスポーツ教材。御自身に最適な教材を見つける事ができるでしょう。

 

一般書店では手に入らない通販限定の特別なノウハウプログラムを、この機会にぜひ手に入れてください。販売形式はDVD版、冊子版、ダウンロード版他教材によって異なります。各詳細ページでご確認ください。

スポーツ指導者にこそ

各スポーツDVDは、一般書店では入手困難な通販限定品です。
一般市場で販売しているスポーツDVDと比べると、一般市場のスポーツDVDが普遍的な内容が多い中、当サイトで紹介してるスポーツDVDは内容が特化している場合が多く、徹底して濃い内容となっています。

 

例えば、初心者向けであれば「徹底した基礎基本のノウハウ」であり、指導者向けであれば「心理も含めた徹底した指導法」を伝えています。ご自身のレベルや立場に合わせたスポーツDVDをお選び下さい。

 

各スポーツDVDの中には、豪華な購入特典が付属している商品もあります。購入特典は期間限定の場合が多いので、確認をお願いいたします。また、スポーツDVD自体が販売本数や販売期間が決まっている場合がありますので、売り切れや販売期間が終了した場合はご容赦ください。

 

配送版・DL版について

各プログラムは、基本的にDVD版が大多数ですが、中には動画・冊子をDLするプログラム教材もあります。また、DVD配送か動画DLかを選べる場合もあります。ご購入の際にはご確認をお願いいたします。
※各プログラムは、配送版・DL版を問わず、日本全国から購入が可能です。

それぞれのスポーツは、それぞれの関わり方があります。それは、そのスポーツに初めて携わる初心者だったり、試合に勝つための技術の習得であったり、競技を圧倒する為のテクニックであったり…。

 

当サイトは、様々なスポーツのノウハウDVDを分かりやすく紹介する総合サイトです。スポーツに関わる様々なレベルの方に有意義な教材が揃っています。

 

スポーツへの関わりとして、選手と指導者と言う相反する関係があります。当サイトで紹介するような教材DVDは、選手にとって為になる事は勿論のこと、指導者にとっても為になります。いや、選手よりも指導者にこそ有効と言えます。

 

選手は、自分を分析する為には、客観的に自分を見つめる作業が必要になります。客観的に自分を分析し、そこに教材のエッセンスを加えていく事で、よりレベルアップが可能になるのです。

 

しかし、自分を客観的に分析する事は簡単ではありません。また、分析する時間は、選手は自分のプレーや練習の時間を削る事になります。更に言えば、中途半端に分析する事と教材がかえって迷いを発生させ、プレーに悪影響を及ぼす可能性すらあります。いわゆる「あたまでっかち」の状態です。

 

スポーツの強化、スポーツの上達のためには、指導者の役割は非常に大きいものです。選手をプレーや練習に集中させる事が出来るだけでも大きいのです。そんな指導者が、自らが抱える選手を分析し、上達させるためにも、スポーツ教材DVDが大きな武器になるのです。

 

それぞれの教材は、選手におすすめ!的な事を謳っていますし、実際におススメです。しかし、実際に最も効果的なのは、指導者が見る事です。指導者が教材を活用する事で、選手のレベルアップは一段とスピードアップすると確信しています。

未経験者だけど運動部の顧問

中学校・高等学校など、部活動が本格的に始まる季節では、先生方はそれぞれの部活動の顧問に就任されます。この顧問に就任されるという事態は、多くの先生方の悩みを生んでいます。

 

顧問の苦悩

 

顧問の就任、未経験者であれば苦悩するのは当然です。文化部の場合は、指導ができればベストですが、先生も共に学ぶスタンスで乗り切る事ができます。しかし、運動部の場合は指導ができないと厄介です。

 

指導ができない事で、生徒たちになめられる危険性があるからです。自分が経験してきたスポーツの顧問になる事ができればいいのですが、先生の数にも部活の数にも限度があります。また、顧問を受けもたない訳にもいきません。悩んで当然です。

 

未経験者が優秀な指導者に!?

 

このように未経験者が運動部の顧問になる事には苦悩が付きまといますが、その一方で、未経験者にもかかわらず、優秀な指導者になっている先生方もいます。これは、どういったことでしょうか?

 

逆に、選手の時には優秀であったのに、指導者としては目が出ない先生もいます。単純に見るととても不思議な光景ですよね。ところが、これは決して珍しい現象ではありません。

 

初心者は何時でもチャンス!

 

これは、部活動の指導者に限った話ではありませんが、初心者が基礎から勉強し、指導者として大成する事は、初心者の方が可能性があります。自分自身の技術力向上には、自分自身の鍛錬が必要ですが、鍛錬の部分は生徒や選手が補います。自分はひたすら頭脳を鍛えることに集中できるからです。

 

もちろん、スポーツは頭脳の要素がとても高いので、頭脳を鍛えることで、ある程度の技術は自然に身につきます。

 

頭の柔軟性

 

ここで一つ問題になる事が、頭の柔軟性です。柔軟性が無ければ、指導も自分の成長も見込めません。優秀だった選手が、優秀な指導者になれない場合、柔軟性に欠けている可能性があります。

 

もちろん、優秀だった選手が柔軟な発想を持ち合わせていれば、優秀な指導者になり得る可能性は、未経験者よもずっと高いはずです。しかし、自分自身が努力してきたやり方、結果が出ていた自分自身が信じた理論を覆す事は、人間としてとても難しい事なのです。

 

その為に、先入観の無い初心者の方が可能性が高くなることがあり得るのです。

 

「黙って言うこと聞けばいいんだ!」
「俺はこれで結果を出したんだ!」

 

この手の事を言う指導者は、昔のやり方とか今のやり方とかでは無く、大成しません。生徒に指導する際に迷いなく指示を出す事は大切ですが、常に自分のやり方を客観的に見て、改善点は無いのか考える事が出来なければいけません。

 

心配ありません

 

未経験者だけど運動部の顧問に就任された先生方でも、全く心配する必要はありません。常に自分が担当するスポーツを知る事、指導方法を研究改善する事で、未経験である事をカバーしてくれます。また、そのように熱心になっている事は、意識しなくても生徒に伝わります。期せずしてチームワークも生まれてくるのです。

 

未経験者だけど運動部の顧問に就任された先生も自信を持って指導に当たってください。スポーツの教材は、指導者に最適な教材もたくさんあるので、是非参考にして頭脳を鍛えてください。